Gmailの空き容量を効果的に作り出す方法

2013-08-04_194712Gmailを長年使っていると
容量がだんだんいっぱいになっていきます。

しかも、仕事で使っていると
容量が経るのも結構早い。。。

というわけで、定期的に削除していかないと
いずれは空きがなくなってしまいますので、
掃除が必要というわけです。

というわけで、
本日はGmailの要らないメールだけを
うまく抽出する方法をご紹介します。
※Gmailユーザーであればいずれは役立つ知識です。
※このメールは要保存です。(笑

1)5MB以上のメールを抽出する
Gmailの検索フォームに次の演算子を入れて検索します。
「larger:5m」
10MBにしたいなら、5を10に入れ替えましょう。

2)5年以上前のメールを抽出する
「older_than:5y」
同じく年数を変更したいなら数値を変更しましょう。

また、特定の年月日以前のメールを抽出することもできます。
「older: 2010/01/01」

3)「送信者が太郎で、添付ファイルがあるメッセージ」を抽出する
「from: 太郎 has:attachment」
これも効果的な抽出方法ですね。

4)5MB以上で3年以上前に送信されたメール
上記の演算子を組み合わせて入力することも可能です。
このパターンが一番汎用性がありそうです。
「larger:5m older_than:3y」

抽出したらあとは不要なメールを
選んで削除するだけ。

簡単でしょ?
ぜひやってみてください。

これで少々のことでは
満タンになりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です