睡眠のゴールデンタイム22時~02時を必ず寝てみる

2013-08-25_175921健康の3大柱は

-食事
-運動
-睡眠

ですが、このうち、睡眠は意外とおろそかにしている人が多いのではないでしょうか?

単身赴任をしていると更におろそかにする傾向もあるようです



医療系の講演を聴くと、多くの専門家が

「睡眠を大事にしない人は、食事と運動に気を使っていても、疾病率が高い」

ということを強調されています

そして、夜中に働かなければいけない仕事は、統計的有意にいろいろな疾患が増えるそうです



私も、日付が変わる前には寝る、というのを心がけていたのですが、それを一歩進めて、

「夜に外出していない日は、22時前に寝る」

というのを続けてみました

22時から02時が一番さまざまなホルモンの再生産が起こる時間帯だからだそうです。

すると、当たり前ですが、まず目覚まし、いらなくなります

なぜなら、だいたい5時過ぎには目が覚めるからです

疲れていて、ものすごーーくよく寝ても、せいぜい7時まで

さらに、起きたあとに、疲れが取れているから、仕事を朝一番から始めることが出来ます



なによりもこの健康法、いいことが

「お金がかからない」



睡眠とは、私たちの脳の疲れを取り、タンパク質などの変異を修復する機能があるそうなので、

自分の体のメンテナンスを充分にすることがいいと考えれば、確かに、ここに時間を投資するのはありですよね。

といっても、トータルの睡眠時間はたいして変わらないので、要は、前倒しすればいいだけです。

興味を持った方、ちょっと試してみてください。


【睡眠用BGM】 疲労回復、ストレス解消、ヒーリング系音楽 【θ波】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です