単身赴任には「ホールフード」!!

2013-04-13_142715「ホールフードは栄養価が高い」

ホールフード(whole food)とは・・・

なるべく、食べ物を丸ごと、未加工か、最低限の加工の状態で食べること。

たとえば、果物一つとっても、私はバナナやパイナップルではなく、

-イチゴ
-ブルーベリー

などを選ぶようにしています。

なぜかというと、皮をむかなくていいからです。

魚も、切り身ではなく、なるべく丸ごと食べられるものを選んでいます。



豆も、豆腐とか、きなこではなく、できるだけ豆のまま食べるようにしています。



キノコやナッツは、はじめからホールフードですね。

青菜も、goo!ほとんど丸ごと食べられます。

栄養価だけでなく、単身赴任にはもってこいなのが、

丸ごと食べられるものって、調理時間が短いんです!!!



そりゃそうですよねっ

だって、皮むきとか、面取りとか、しませんから。

間食でも、ナッツをつまんだり、イチゴをつまんだり。

でも、ゴミはほとんどでません。食べ残しも出ません。



スーパーで野菜や果物、魚などを買うときに

「これって丸ごとなるべく食べられるかなぁ」

と考えるだけで、

-栄養価が高くて
-調理が簡単で
-環境に優しいもの

を選べるんですねーー。

びっくりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です