「終の棲家」ならぬ『終の車』マセラティ クアトロポルテ



「終の棲家」という言葉は、ご存じだと思います。

ネットで調べると・・・

【最後に安住する所。これから死ぬまで住むべき所。】

とされているようです。

大切な事だと思いますが、なかなか、じっくり、ゆっくり考えられない事の一つに思えます。



では、車は?



趣味は『車』と答える方が少なくなったようなので、

余計に語られる事が無いかもしれません。



普段、車を運転していると

【高齢運転者標識(一般的にはもみじマーク、シルバーマーク、高齢者マークの通称で呼ばれていますね)】を

よく見かけます…増えたと感じませんか?



私も、極々近い将来、お仲間入りを果たす事になります。

『車』を運転する際、視力や反射神経の衰えは、

イコール『乗れない⇒乗ってはいけない』という事です。

「潔く、免許証の返還出来るかなぁ」「何歳頃かなぁ…生きてるか!?」と寂しい話ですが、

そんな事も真剣に考えているこの頃です。



まぁ、”妄想カーインプレッション”と言うだけあって

「買える買えない」「乗った乗らない」は、全く別次元に追いやっているのですが、

現在、私が『終の車』と決めているのは、

【マセラティ クアトロポルテ(2004年5月~現行モデル)】

というイタリアの車です。

2013-12-25_113205

自動車の基本情報を読むと、

クワトロポルテは4ドアを意味するイタリア語。

マセラティのフラッグシップモデルに位置するクルマ。

ピニンファリーナによってデザインされたクワトロポルテとして5代目に当たるモデル。

全長が5mを超える大柄な優美さと威厳を表現したデザインが特徴。

搭載エンジンは4.2LのV8で、最高出力は294kW(400ps)を発生。

デュオセレクトと呼ぶパドルシフト付きのATによって0→100km/hの加速を5.2秒で実現する。



実際、7年前にデビューしたとは思えないデザイン、艶めかしい室内、フェラーリ製エンジン搭載・・・と、

とても魅力的なセダンです。

!自動車で検索すると、新車価格は【1460万円~1850万円】これは手が出ません・・・。

しかし…中古相場を見ると【2004年式 368万円】から買えるのです。

但し!当然、整備代・修理代を充分に確保しなくてはならないと考えてはいますが・・・。



車遍歴を重ね、『終の車』を手に入れる時、是非所有したいと思います。



『終の車』を妄想してみませんか?





気になる車を検索するだけでも楽しいものです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です